住宅ローンで借り入れの際には、住宅ローン控除の優遇税制度をご利用できます。

税務対策について

住宅ローン借り入れ後のお手続きについて


住宅ローンを使ってマイホームをご購入された方は「住宅ローン減税」を受けることができます。
「住宅ローン減税」とはマイホームの新築や購入の際、住宅ローンを利用し、一定の要件を満たした場合に
適用される優遇税制度です。

平成21年度税制改正により、平成21年、22年入居の場合は一般住宅で最大500万円、長期優良住宅の場合は600万円の控除を得られます。 ただし、親族居住用住宅・セカンドハウスでお申込みされる場合は、所得税の税額控除は受けられません。

控除を受けるための一定要件など住宅ローン控除の概略は以下の内容です。

住宅ローン控除を受けるための要件

住宅ローン控除を受けるには、
     
  • ●合計所得金額が3,000万円以下の人
  •  
  • ●ローンの借入(返済)期間が10年以上
  •  
  • ●住宅を取得または、増改築してから6ヶ月以内に入居し、継続して居住
  •  
  • ●対象の住宅の面積が50u以上
  •  
  • ●中古住宅の場合は、築20年以内
  •  
  • ●中古マンションの場合は、築25年以内
  •  
  • ●増改築の場合は、100万円を超える費用がかかっている
  •  
  • ●店舗等と住宅の併用物件の場合は、床面積の半分以上が自己居住用に使われている
  •  
  • ●入居年前3年間及び入居後翌年、翌々年に特別控除や買い換え特例等を受けてない
などの要件が満たされる必要があります。

一般住宅の場合の住宅ローン控除。

一般住宅
居住(入居)年 平成21年 平成22年 平成23年 平成24年 平成25年
控除期間 10年
住宅ローン対象年末残高 5000万円 4000万円 3000万円 2000万円
控除率(毎年) 1.0% 1.0% 1.0% 1.0%
最大控除額(年間) 50万円 40万円 30万円 20万円
最大控除額(合計) 500万円 400万円 300万円 200万円

長期優良住宅の場合の住宅ローン控除

長期優良住宅
居住(入居)年 平成21年 平成22年 平成23年 平成24年 平成25年
控除期間 10年
住宅ローン対象年末残高 5000万円 4000万円 3000万円
控除率(毎年) 1.2% 1.0%
最大控除額(年間) 60万円 40万円 30万円
最大控除額 600万円 400万円 300万円
このページの先頭に戻る

お問合わせはこちら